ベルリン・ワルシャワエクスプレス

ベルリン-ワルシャワエクスプレス(Berlin-Warszawa-Express)とは、ドイツの首都ベルリンとポーランドの首都ワルシャワを結ぶ、ドイツ鉄道とポーランド国鉄が共同運行するユーロシティ(EC)列車である。

2002年、ドイツ鉄道とポーランド国鉄が共同で運行を開始した。列車は毎日4往復運行され、ベルリンからフランクフルト・アン・デア・オーダーを経由してワルシャワとの間を結んでいる。そのうち3往復はジェピン~ポズナン間でシフィエボジン(英語版)を経由し、1往復はズボンシネク(英語版)を経由する。ベルリン~ワルシャワ間の運行時間は5時間44分であったが、2011年12月のダイヤ改正後は5時間24分に短縮された。ドイツとポーランドの国境駅は、フランクフルト・アン・デア・オーダーとスウビツェの間にあるフランクフルト・オーダー橋駅(ドイツ語版)で、オーダー川(オーデル川)沿いに位置している。(ウィキペディアより)