フレッチャロッサ(イタリア)

フレッチャロッサ(Frecciarossa/略称:FR)は、イタリアの鉄道会社トレニタリアが運行する高速列車の名称。ETR500を用い最高速度300km/hで走行する列車として2008年12月に初めて設定された。2012年6月には、それまで高速鉄道サービスとして展開していたユーロスター・イタリアを廃止し、フレッチャロッサとフレッチャルジェント(Frecciargento)の2つのカテゴリーに完全に振り分けた。2015年6月14日からは、新型車両ETR400を使用したフレッチャロッサ1000(Frecciarossa1000)が運行を開始した。

フレッチャロッサは『赤い矢』、フレッチャルジェントは『銀の矢』という意味の造語である。

2014年冬ダイヤでは、ローマ・テルミニ駅とミラノ中央駅をノンストップで結ぶ幹線系統に1時間に1本(1日19本)の列車が運行され、その一部はトリノとナポリまで延長運転されている列車もある。また、途中停車ありでミラノ中央駅とナポリ中央駅を結ぶ幹線系統も1時間に1本運行され、この列車は途中ボローニャ、フィレンツェ、ローマ・ティブルティーナ駅に停車する。

2014年冬ダイヤにおける各駅間の所要時間の例として、途中停車しないタイプである9614列車のローマ・テルミニ駅とミラノ中央駅間の所要時間は2時間55分である。(ウィキペディアより

■ クラスサービス

フレッチャロッサにはエクゼクティブ(1等)、ビジネス(1等)、プレミアム(2等)、スタンダード(2等)の4つのクラスがあります。エクゼクティブクラスの乗客には、飲み物や食事、新聞、雑誌が無料で提供され、ビジネス、プレミアムの各クラスの乗客にはウエルカム・ドリンク(飲み物と菓子)と新聞(13時まで)が無料で提供されます。

■ ユーレイルパス

1等のユーレイルイタリアパス、グローバルパス保持者は、エグゼクティブクラス、ビジネスクラス、プレミアクラス、スタンダードクラスのいずれにも乗車できます。2等パスホルダーは、プレ三ミアムクラスかスタンダードクラスに乗車できます。フレッチャロッサ、フレッチャビアンカ、フレッチャアルジェントはいずれも全席指定になりますので、ユーレイルパスを持っていても座席指定券が必要となります。