ユーレイルパスの使い方

MPass モバイルパス

ユーレイルパスは、MPassというモバイルパスが発行されます。MPassは、旅行に持っていくスマートフォンに「ユーレイルレイルプランナー」という無料アプリをインストールして、その中にパスを追加する形で持っていきます。

①無料アプリをインストール

「ユーレイルレイルプランナーアプリ」はパスを購入する前でもインストールできます。IPHONEならアプリストアー、アンドロイドならプレイストアーから「ユーレイル」で検索して、レイルプランナーアプリをインストールします

②パスを追加する

ユーレイルパスを購入すると6桁のアルファベットと数字で構成された「パス番号」がメールで届きます。

レイルプランナーアプリの下にMyPassというボタンを押すと左の画面が開きます。

「Add a Pass」と書かれた黄色いボタンを押します。

パスの種類を選択する画面が出てくるので、Mobile Passを選択してNextボタンを押してください。

右の画面になるので、あなたの苗字をローマ字で上の段に、メールで届いたパス番号を下の段に入力してください。

下のTerms & ConditionsとPrivacy Policyに目を通して☑を入れ、Add this Passのボタンを押せば完了です。

パスが追加されるとこのような画面が出ます。さらに複数のパスを追加する場合は、下の「Add another Pass」ボタンを押して、上記同様「苗字」とパス番号を入れてパスを追加してください。

この画面がMyPassを押した場合の画面です。右下の「+」ボタンを押すと、他のパスを追加できます。

 日本出発前ならこの状態でMyTripに列車の予定を入れる④の作業に移ってください。

③アクティベーション

日本では、パスを追加するにとどめ、アクティベーションは「Do it Later」を選択してください。一度アクティベーションしてしまうと、変更や払い戻しは一切できなくなります。アクティベーションは使用開始日にホテルでしてから出かけるのがいいでしょう。

アクティベーションはパスポート番号と使用開始日を入れるだけでとっても簡単です。「Activate this Pass」を押してください。

④My Tripに旅程を追加する

紙のパス同様、車掌さんは、利用列車チェックをする場合があります。パス単体は通信環境がなくても使えますが、My Tritに乗車列車を追加するためには、インターネットが使える環境が必要です。ホテルなどWIFIの使える場所で追加しておくのが通信費を節約できておすすめできます。旅行名は任意の名前を付けます。パスと旅行を紐づける際にパス番号が必要になります。

現地の駅での使用方法

ユーレイル/インターレイル – 駅のゲートを通過する方法とバーコードをスキャンする国

以下は、駅やホームに出入りする改札がある国の概要です。パスホルダーはモバイル バーコードを使用できる場合もありますが、場所によっては駅員にサポートを求める必要がある場合もあります。以下の手順を参照してください。

バーコードをスキャンするキャリア

1 、チェコ共和国( CD)
2、フランス (SNCF)
3、 ドイツ (DB)
4 、ハンガリー( MAV)
5 、オランダ( NS)
6 、オーストリア( OeBB)
7 、ポーランド (PKP)
8 、スイス (SBB)
9 、トルコ (TCDD)
10 、スロバキア (ZSSK)

コードチェックを使用しているキャリア

1 、ポルトガル( CP)

視覚的検証(駅員や車掌が対応)を実施している国

1 、ベルギー (SNCB/NMBS)
2 、ブルガリア ( BDZ)
3、 ボスニア・ヘルツェゴビナ ( ZFBH)
4 、クロアチア (HZ)
5 、デンマーク ( DSB)
6 、エストニア ( Elron)
7 、フィンランド (VR)
8 、イギリス 国鉄 (National Rail)
9 、ギリシャ (Trainose)
10 、アイルランド( Irish Rail / NI railways)
11 、イタリア (Trenitalia)
12、 ラトビア ( PV)
13 、リトアニア (Litrail)
14 、ルクセンブルク (CFL)
15 、北マケドニア (MZ)
16、 モンテネグロ (ZCG)
17、 ノルウェー (Vy)
18 、ルーマニア ( CFR)
19 、セルビア (SV)
20 、スロベニア (SZ)
21 、スペイン (Renfe)
22 、スウェーデン ( Silverrail/SJ)

イギリス (RDG)

ロンドンの地下鉄駅

バーコードモバイルパスはご利用いただけません。インターレイルまたはユーレイルは、ロンドンの地下鉄サービスでは無効です。

ロンドンのナショナル レールの駅: ブリットレイルMPassのQRコードでは、このゲートを開くことができます。ユーレイルMPassの バーコードを使用して、英国のナショナル レール ネットワークのゲートを直接開くことはできませんが、パスは、ネットワーク上のゲート付き駅のサイド ゲート* (画像を参照) で受け入れられます。スタッフがパスを視覚的に検証し、アクセスを許可します。地方都市の一部の駅にもゲートがありますが、ほとんどの駅にはゲートは設置されていません。

※サイドゲート。
すべてのゲートラインには、顧客が通過できる障壁がありますが、車椅子やベビーカー用には、より大きな「サイドゲート」にアクセスできます。スタッフはこのゲートで人々を助けるために待っています。それは人々が助けを求めて行く門です。他の小さいものはスループットを高速にするためのもので、バリアと呼ばれます。これらのサイド ゲートでは、ユーレイルパスのお客様が通過できます。

車内で車掌さんが検冊に来たら

MyPassボタンを押すとこの画面が開きます。見せたいパスを「>」で選択します。

出てきた右の画面で下部の「Show ticket」を選択します。

すると下記のQRコードのついたパス画面が現れます。車掌さんがリーダーで読み込めばOKとなります。なお、このパスを表示する機能や、列車検索編集の機能はOFFLINEでもできるので、駅や列車内でも行えます。

ユーレイルeSIMを入手する(通信も最安値で)

パスや検索はオフラインで検索できますが、ホテルや観光地をグーグルマップなどでナビゲーションしたりする場合、日本の携帯の国際ローミングやレンタルWIFIでは、コストがかかりすぎます。ユーレイルオーガニゼーションでは、ユーレイルパスユーザーに最適な格安のeSIMをご紹介します。eSIMは実際のシムカードでなく、アプリを入れるだけの簡単な手続きで利用できます。

イギリスとバルト三国を除き、すべてのユーレイルグローバルパス通用国で使えます。

一年のうち1日1GBのデータプラン “Data Plan” が9日分で€28、また従量制のペイアズユーゴープラン”Pay as you Go”プランも€28で、使用中にあなたの都合でどちらのプランにも切り替えられます。