ロンシャン

ロンシャンは、ブルゴーニュフランシュコンテ地方のオートソーヌ県にあるフランスのコミューンです。これは、ラヒンとシェリモントのコミューンのコミュニティの本拠地です。

町で最も有名なモニュメントは、20世紀の神聖な建築の主要な作品の1つであるノートルダムデュオー礼拝堂です。ユネスコの世界遺産に登録されており、1953年から1955年にかけて、市内中心部を見下ろすブルレモントの丘(474 m)の頂上にあるフランコスイスの建築家ルコルビュジエの計画に基づいて石とコンクリートで建てられました。(ウィキペディアより)

観光

ロンシャンの礼拝堂

ロンシャンの礼拝堂(ロンシャンのれいはいどう)、もしくはノートルダム・デュ・オー礼拝堂(ノートルダム・デュ・オーれいはいどう、仏: Chapelle Notre-Dame du Haut)は、ル・コルビュジエの設計によるカトリック ドミニコ会の礼拝堂(聖堂)である。

フランスのフランシュ・コンテ地方のオート=ソーヌ県ロンシャン(フランス語版)に位置する。世界遺産「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」の構成資産の一つである。(ウィキペディアより)

ロンシャンの礼拝堂への行き方

ユーレイルパスを使ってロンシャンの礼拝堂を観光するには、Belfort-VilleからTERで20分ぐらいである。

宿泊

おすすめの宿泊施設

ラ メゾン ドテス ドゥ パルク(La Maison D’hôtes du Parc)

コルビュジエも泊まったことがあるというおしゃれなB&B。夕食は車がないと不便なので、予約したあとメールで夕食も予約をしておくといい。