ロンドン London

ロンドンは、イギリスおよびこれを構成するイングランドの首都。シティ・オブ・ロンドンと32のロンドン特別区から成る。

イギリスやヨーロッパ域内で最大の都市圏を形成している。ロンドンはテムズ川河畔に位置し、2000年前のローマ帝国によるロンディニウム創建が都市の起源である[4]。ロンディニウム当時の街の中心部は、現在のシティ・オブ・ロンドン(シティ)にあたる地域にあった。シティの市街壁内の面積は約1平方マイルあり、中世以来その範囲はほぼ変わっていない。少なくとも19世紀以降、「ロンドン」の名称はシティの市街壁を越えて開発が進んだシティ周辺地域をも含めて用いられている。ロンドンは市街地の大部分はコナベーションにより形成されている。ロンドンを管轄するリージョンであるグレーター・ロンドンでは、選挙で選出されたロンドン市長とロンドン議会により統治が行われている。(ウィキペディアより)

ロンドンの自由旅行情報

ロンドンへの道

Trip.com(skyscanner)日本発ロンドン行最安値航空券

Skyscannerを買収したTrip.comは世界最大のOTA(ネット旅行会社)となった。トラブルの多い格安航空券市場で24時間365日の電話・メール・チャットでの日本語サポートやトラブルに対応するサービス保証制度、航空券の値下げを知らしてくれるプライスアラートなど当サイトの一押しの航空券ブッキングエンジンだ。また、コロナによる入国規制地図も旅行先を決める参考になる。

東京発最安値   大阪発最安値   名古屋発最安値  福岡発最安値

サプライス(HIS)の最安値航空券

格安航空券と言えばHISだ。「電話1本からはじめた」格安航空券の会社が、沢田さんの1代で大手旅行会社に成長したサクセスストーリーは有名。サプライスは、驚きの価格をもじったもの。日本国内の会社なので安心。公示運賃チケットは手数料0円で航空会社の提供する料金で予約できる。

●ロンドン行き最安値航空券

ロンドン市内交通

空港から市内へ

ヒースロー空港

■ヒースローエキスプレス

ヒースロー空港から市内へ最も早く移動するには、HeathrowExpressを利用する。15分に1本出ているので、時刻を気にすることなく目の前に来た列車に乗ればいい。市中のパディントン駅まで15分~21分で到着する。片道1等£32~、2等£25~。事前に買うと割引となります。往復で買うとさらに割引になります。

■普通列車

ヒースローエキスプレスと同じ路線を普通列車も走っています。料金は£13~。パディントンまで30分ぐらいです。

■地下鉄

ピカデリーラインが空港に乗り入れているので、時間はかかるが、ホテルによっては乗り換えなしで安く行けます。

■専用車による送迎

いきなり自由旅行を始める自身のない人、楽したい人、ケチりたくない人は送迎予約を承ります。

ガトウィック空港

■ガトウィックエキスプレス

ロンドンのおすすめ観光地

大英博物館

大英博物館は、イギリス・ロンドンのブルームズベリー地区にある、人類の歴史、芸術、文化を専門とする公的機関であり、世界で最初の公立の国立博物館である。大英帝国時代に広く収集された約800万点の常設コレクションは、現存するものの中で最大かつ最も包括的なものであり、人類の文化の始まりから現在までを記録している。

1753年、イギリス系アイルランド人の医師であり科学者であるハンス・スローン卿のコレクションをもとに設立された博物館は、1759年に現在の建物の敷地内にあるモンタギュー・ハウスで初めて一般公開された。その後250年以上に渡り、イギリスの植民地化が進んだ結果、いくつかの分館が設立され、最初の分館は1881年に設立された自然史博物館だった。

1973年、1972年の大英図書館法により、大英博物館から図書館部門が切り離されたが、1997年までは博物館と同じ図書館室と建物で、現在は分離された大英図書館を受け入れていた。博物館はデジタル・文化・メディア・スポーツ省が後援する非省庁型公共団体であり、英国の他の国立博物館と同様に、貸し出し展示を除き入場料は無料である。(ウィキペディアより)

ロンドンのおすすめホテル

パディントン駅周辺

ヒースローに着いて、ヒースローエキスプレスで市内に来るとパディントン駅に到着する。徒歩5分以内のところにところに宿を取ると荷物を置いて早速観光に出かけられるので便利だ。

[cjtoolbox name=”padintonhotel”]

Booking.com

●徹底的に最安値を追求する場合は、最安値保障の世界最大の比較予約サイトホテルコンバインドで。

ロンドンのおすすめガイドブック

地球の歩き方 ロンドン