ヨーロッパ Europe

ヨーロッパ又は欧州(おうしゅう)は地球上の七つの大州の一つ。漢字表記は欧羅巴。

地理的には、ユーラシア大陸北西の半島部を包括し、ウラル山脈およびコーカサス山脈の分水嶺とウラル川・カスピ海・黒海、そして黒海とエーゲ海を繋ぐボスポラス海峡-マルマラ海-ダーダネルス海峡が、アジアと区分される東の境界となる。

面積から見るとヨーロッパ州は世界で2番目に小さな大州であり、1018万km2は地球表面積の2%、陸地に限れば6.8%を占める。アジアに跨る領土を持つロシアは、ヨーロッパ50か国の中で面積および人口第1位の国家である。対照的に最も小さな国家はバチカン市国である。総人口はアジア・アフリカに次ぐ7億3300万。これは地球総人口の11%である。

ヨーロッパ、特に古代ギリシアは西洋文明発祥の地である。これは、16世紀以降の植民地主義の始まりとともに世界中に拡散し、支配的な役割を果たした。16世紀から20世紀の間、ヨーロッパの国々はアメリカ州、アフリカ、オセアニア、中東、アジアの大部分を支配下に置いた。2度の世界大戦はヨーロッパを戦火で覆い、20世紀中頃の西ヨーロッパによる世界への影響力減衰に結びつき、その地位をアメリカ合衆国とソビエト連邦に奪われる結果となった[14](のちに、ソ連崩壊に伴ってアメリカ合衆国がこの地位へ再び戻った状態となり、現在まで唯一の超大国となっている)。(ウィキペディアより)

ヨーロッパ自由旅行情報

このサイトでは、ヨーロッパを自由旅行するのに必要な情報を提供するとともに、航空券や列車、ホテルや観光などの旅のパーツを最安値で。簡単に予約できるように工夫されています。どうぞ、このサイトを活用して、あなたの充実した楽しいヨーロッパの旅をお楽しみください。

■ェティアス

ヨーロッパへの旅行では2022年末よりエティアス(欧州渡航情報認証制度)による事前認証が必要となります。認証が必要な国は、アイスランド、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、リヒテンシュタインの26か国で、イギリスとアイルランドは対象外となります。

■シェンゲン協定

現在、シェンゲン協定締結国内は、合計3か月以内の滞在は査証(ヴィザ)は不要。、2022年末より査証は不要だが、事前認証(エティアス)が必要となる。

シェンゲン協定(シェンゲンきょうてい、英語: Schengen Agreement)は、ヨーロッパの国家間において国境検査なしで国境を越えることを許可する協定である。

日本語で「シェンゲン条約」と呼ばれる場合もあり、これは協定(agreement)の形式を取る条約(treaty)であるため間違いではないが、英語圏での正式名称であるSchengen Agreementをそのまま日本語訳した「シェンゲン協定」が一般的な呼称である。(ウィキペディアより)

ヨーロッパへの交通

■航空機

ヨーロッパへは航空機で飛ぶのが最も一般的です。

■鉄道

北京あるいはウラジオストックから鉄道でヨーロッパまで行けます。

■船

定期路線はないが、世界一周航路のクルーズ船(ピースボート)を利用すれば船でヨーロッパを旅行できます。

ヨーロッパ域内の交通

■航空機

フラッグキャリア、LCCを含め、かなり密度の高い路線網があるが、市内から空港への移動、チェックインなどの手続きなど、近接国への移動には向かない。北欧から南欧など中距離移動に向いています。

■鉄道

ヨーロッパを旅行するのに最も適した移動手段が鉄道だ。市の中心部から中心部まで迅速に移動でき、座席もゆったりとしており、美しいヨーロッパの車窓の風景を眺めながら食事やワインを楽しめる。駅前に宿をとれば、荷物の移動も楽で、到着したらすぐに手ぶらで観光に出かけられて、航空機の移動に比べて半日づつ節約できます。短い期間(1週間程度)の旅行なら区間の格安チケットを予約した方が安くなる場合もありますが、2週間以上の旅行では、ユーレイルパスを利用した方が対外安上がりになります。特に3か国以上を周遊する場合は、ユーレイルグローバルパスを利用することをおすすめします。予定の変更やストで列車が止まっていても、慌てることなくスケジュール変更ができます。

■船

南欧の島やイギリス・アイルランド、北欧など船のお世話になることも多い。ユーレイルパスでは、主要路線の船も無料あるいは割引となるので、あらかじめチェックしておきましょう。